カーリースを個人で利用するメリット

車は多くの人にとって月給の数倍にあたる高額のため、財産としての一面に目が向きがちですが、移動手段であると同時にドライブや旅行の思い出を作るパートナーなど、さまざまな側面を併せ持っています。
都市部では公共交通網が発達してマイカー所有の必要性が薄れている現実がありますが、自動車での旅行やドライブは目的地迄の移動の間も家族や仲間だけのプライベート空間として思い出を形作ってくれるなど、公共交通では味わえない良さがあります。
車を持つには、現金での購入・カーリース・ローンと、必要な都度にレンタカーやカーシェアをする方法があります。
日本人は借金を嫌う国民性がありますが、車には財産よりも利用するためのものという性格があるため、現金での購入よりもカーリースやローンのように、使用期間の間均等に分割支払いをする購入方法が合理的です。
カーリースは、会社での利用が中心で個人利用は最近になって普及が進んでいますが、カーリースのメリットは購入代金以外の維持費についても負担を均等に分割できることです。
ローンの場合は、車の購入代金を分割で支払いますが、所有者の義務である自動車税や任意保険は別に負担を要します。リースの場合、保険や自動車税迄組み込めば費用の負担を完全に均等分割することができます。
カーリース メリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です